potisanのプログラミングメモ

趣味のプログラマーがプログラミング関係で気になったことや調べたことをいつでも忘れられるようにメモするブログです。

JavaScript オブジェクトのプロパティ記述子を取得する

// オブジェクトのプロパティ記述子配列を取得します。
const GetObjectOwnPropertyDescArray = object => Object.entries(Object.getOwnPropertyDescriptors(window))
// プロパティ記述子配列からデータ記述子を抜き出します。
const FilterOwnPropertyDescArrayData = descs => descs.filter(desc => !!desc.value);
// プロパティ記述子配列からアクセサー記述子を抜き出します。
const FilterOwnPropertyDescArrayAccessor = descs => descs.filter(desc => desc.get || desc.set);

プロパティ記述子(Property descriptor)、データ記述子(Data descriptor)、アクセサー記述子(Qccessor descriptor)の名称はObject.defineProperty() - MDNに従っています。

// windowオブジェクトのプロパティ記述子配列を取得する。
const windowPropDescs = GetObjectOwnPropertyDescArray(window);

// 書き込み不可/列挙不可プロパティのプロパティ記述子配列取得を取得する。
const windowNonwritablePropDescs = windowPropDescs.filter(desc => !desc.writable);
const windowNonenumerablePropDescs = windowPropDescs.filter(desc => !desc.enumerable);

console.log(windowNonwritablePropDescs);
console.log(windowNonenumerablePropDescs);

// データ/アクセサーのプロパティ記述子配列を取得する。
const FilterOwnPropertyDescArrayData = descs => descs.filter(desc => !!desc.value);
const FilterOwnPropertyDescArrayAccessor = descs => descs.filter(desc => desc.get || desc.set);

console.log(FilterOwnPropertyDescArrayData(windowPropDescs));
console.log(FilterOwnPropertyDescArrayAccessor(windowPropDescs));